ファイルメーカーは使えるデーターベースソフト

ファイルメーカーは使えるデーターベースソフト

一昔前のITを使用したシステム開発は、データーベースの構築やユーザー・インターフェースと行った必要不可欠な箇所はある程度の期間が必要であり、それが常識として認識されていました。しかし、ここにファイルメーカーというデーターベース・ソフトウェアが登場してきたのです。

初期の頃のファイルメーカーは、単純な顧客の企業名・氏名・電話番号等の情報を管理するだけのソフトウェアであるという認識が一般的でしたが、バージョン7になると大幅に機能が一変しました。



例えば100ユーザーが同じデーターベースを参照するという事が可能になったり、扱えるファイルの容量としても2Gbyteから、8Tbyteに拡大しました。



これにより画像データー等もデーターベースの一要素として、利用出来る様になった訳です。

また、会社によってはパソコンの知識に社員等が手軽に使用出来るスプレッドシードを用いて、データーを管理をしている所も存在していたかも知れません。

エキサイトニュース情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

スプレッドシートはあくまでも表計算がメインのソフトウェアであり、大量の商品管理等を行う際に用いられるデータベースに敵うべくも無いのは当然の事です。

ファイルメーカーはデータベース機能に加えて、解りやすいユーザー・インターフェースの構築も短期間に出来るのもメリットと言えるでしょう。
スマートフォンにも対応しているので、物流等の商品管理で使用されるバーコードリーダーに装着する事で、より効率的な業務遂行に貢献する事も可能となりました。

あるいは、Bluetoothに対応したタブレット端末向けのバーコードリーダー等様々なオプションを揃えているので、要件にあったものを選択すると良いでしょう。

Copyright (C) 2015 ファイルメーカーは使えるデーターベースソフト All Rights Reserved.